農業への取り組み

野菜を食べることが農業への参加

日本の農業は、化学肥料や農薬の多投入や不適切な使用をやめ、たい肥の有効利用を通じた土づくりなど、環境にやさしい持続可能な農業(環境保全型農業)を確立していく事が求められる変革の時代を迎えました。作る人だけではなく、食べる人も持続可能な農業について考えなければならない時がきたのではないでしょうか?

 

ぐりーんぷらんのやろうとしていること

ぐりーんぷらんでは【人】【環境】【生活】をキーワードに農薬や化学肥料に頼らない農業を広める、生産物の販売お手伝い、休耕田の活用、担い手問題など中山間地域の抱える問題の共有、持続可能な解決策を考え実行し続けていきます。

 

農家の人たち

ぐりーんぷらんのパートナーは、環境に優しい持続可能な農業を目指す農家さんばかりです。環境と農業の未来を考え新たに農業に挑戦される「新規就農者」さん、先祖代々農家であり農薬を多用する栽培に疑問を持ち、未来の子どもたちのために安全安心な野菜作りを考える「ベテラン農家」さん、自家採取にこだわりその年の一番いい種を遺し続けながら持続可能な農業を目指す「Iターン農家」さんなど、いろいろなスタイルの農家さんが集まっています。みんな「持続可能な農業」「環境に優しい農業」「安全・安心」を目指して挑戦し続けている人達ばかりです。

農家の人たちはこちら

 

環境保全

農業の特徴である、その土地にあった地力を生かし、自然の生命の中で自然の力を借りて行う農業。自然の力を借りて、農薬、化学肥料に頼らない農業が持続可能な農業として、有機認定やエコファーマーといった様々な認定がでてきています。認定は取っていなくても農薬、化学肥料に頼らず生産をされている農家さんもいます。環境に対する意識の高い農家さんのサポートをする事もすごく大切な事の一つです。ぐりーんぷらんでも小さな圃場(あけだファーム)で、農薬、化学肥料に頼らずできる野菜、果物への挑戦をしています。

 

食生活への関心

「食」に関する知識と、「食」を選択する力を身に付けること、食生活と健康は深く関係していると言われています。農薬、化学肥料を使わず育った野菜なので身体にはとても健康的です。一人、一人の「食」への関心から育てられる野菜種類が豊富になりました。健康野菜やスーパーでは販売していないような目を引くような野菜、野菜を食べてもらった人からのリクエスト野菜など、たくさんの野菜ができるようになりました。作る人と、食べる人の「食」への関心が、安全・安心・健全は食べ物を作りだし続けていくと考えています。

 

ぐりーんぷらんの野菜

地力のある土と、澄んだ水と太陽の力、そこに人が手助けをする。そうやって育った野菜が持つ味は、濃くて甘いんです。自然と共に育った野菜の味を感じてもらうために、旬なものを旬な時に収穫している野菜ばかりです。食卓を鮮やかに彩る野菜も多いので、食卓が華やかになります。是非一度お試しください。