田舎暮らし支援

田舎暮らし

そんな言葉を耳にする機会が多くなりました。テレビ番組、インターネットでも田舎暮らしに触れているものが多くあります。「自然豊かな環境で暮らしたい」「田舎でやりたかったことに挑戦したい」「リタイア後に田舎でのんびり暮らしたい」など、いろいろな理由で田舎暮らしを考える人たちが増えてきています。希望の田舎暮らしを実現させるために知っておいたほうがいいことがたくさんあります。

 

田舎暮らしのいいとこ

自然や四季を肌で感じることができる

風景の移ろいやその土地土地にある風習、季節の食材など目や耳、口にするもので四季を感じることができます。

健康的な生活に変わる

お店が閉まるのが早かったり、繁華街も少ないため夜遊びが出来るとこがありません。自然と早寝早起きの生活になり、健康的な生活を送ることができます。

食べ物が美味しい

空気と水がきれいなので、美味しい食べ物が育ち採れたての新鮮なものを堪能することができます。

良い住環境が手に入る

家賃や、土地の値段も都市部に比べて同じ金額で2~3倍の広さがあったり、隣の家との距離もあり音などの心配もありません。畑付きの家など田舎ならではの物件もあります。

 

田舎暮らしの大変なとこ

仕事探し

仕事がないわけではありません。都市部と比べると収入にはならないですし、希望の仕事が「即見つかる」とは限りません。アンテナを張ることが大切になります。

自然との闘い

夏は虫が多く、うっかり窓を閉め忘れたりすると部屋中が虫だらけになったり、閉め切った部屋の中でも虫がいることもあります。冬には毎日雪かきが待っているといった地域もあります。しっかりとした準備が必要になります。

交通の便が悪い

電車やバスといった交通機関を使う場合は、しっかりと時刻表を見ないといけません。都市部と比べ本数は圧倒的に少なくなります。行きたいとこに行ける交通機関がタクシーしかないということもありますので、足の確保は大切になります。

ご近所付き合い

都市部と比べて、ご近所さんとつながりやすく、地域行事などへの参加回数も増え面倒な面もあります。しかし、それがあるからこそ人との縁が広がり地域の事を深く知っていく事ができます。積極的にご近所付き合い、地域行事に参加する意味は充分にあります。

 

田舎暮らしを始める前に

田舎暮らしには、いいとこも大変なとこもあります。「想像とは違う」「やりたいことができない」など、田舎暮らしをしてみたものの「都会にいた方が良かった」「もっと違う地域にすればよかった」などの意見も耳にしたことがあります。各行政での支援体制も違ったり沢山の壁が存在しているのも事実です。田舎暮らしを実現するために孤軍奮闘されている、移住希望者も沢山おられます。そういった人たちのお手伝いをしていこうとぐりーんぷらんでは、田舎暮らしを考えている人の移住プランをもとに、行政支援の紹介や、地域の案内、仕事の紹介、地域の人しか知らない情報を共有するなど、本当に暮らしたい田舎探しのお手伝いをしています。まずはぐりーんぷらんに相談してみてください。

移住者コメント

大阪で活動されてた由利さんを友人を通じて、京丹後にきて3年が経とうとしてますが、単身赴任という形で丹後と大阪どちらにも家がある仮移住者にとっては、GREENPLANの移住促進のフォローアップは、行政の制度にはない自由さがあり、今も助けてもらってます。ものすごく、ライトでポップな田舎暮らしを希望される方にとっては、行政のドアをノックする前に、こういった民間レベルのNPO団体に相談するのも選択肢の一つだと思いました。

 

お問い合わせ