6次産業化への取り組み

6次産業化って?

1次産業は農林漁業の事を指し、自然界に働きかけて直接資源を採取する産業です。農家や漁師などがここにあたります。

2次産業は1次産業が採取・生産した原材料を加工する産業で、トマトからトマトジュースを作ったり、小麦からパンをつくったりなどします。

3次産業は1次産業や2次産業以外の産業で、生産されたものを販売したり使用する産業で殆どの産業がここにあたります。

GREENPLAN_6次産業化 GREENPLAN_6次産業化

6次産業化とは、産業の融合の中で新たな価値を生み出していくことを意味しています。

6次産業化のいいとこ

6次産業化を進めることで、多くのいいことがあります。商品として店頭に並ぶことのできなかった野菜(B級品・C級品)、同種多過による廃棄野菜などを、新しい形で世の中に送り出すことや、地域の新たな特産品創りや魅力を発信することができます。雇用が限られる中山間地域の新たな雇用の創出につながったりもします。また地域資源を活用することで、地域風土や伝統、食文化の持続的保全ができるようにもなります。6次産業化を成功させることで、地域が活性化し地域の文化や資源を継承することにもつながっていきます。

 

6次産業化の課題

新たな価値を生み出していく6次産業といっても、まだまだ多くの課題があります。生産者単独での6次産業化は稼働率が低く、衛生基準問題の対応など生産・加工・販売を単独で行うのには物理的に厳しく、地域資源を幅広く活用することが難しくなります。女性の参画が遅れていることも多様性不足につながっています。またそれぞれの分野で専門的な知識や技術も必要となることから6次産業化を行うには多くの課題があると言われています。

 

そこで私たちは

様々なアイデア・専門的知識・専門的技術を連携させることやプロジェクトに興味のある人に参画してもらい、地域の問題点を見つめなおしどうすれば6次産業化の成功につながるのかを考え、皆で足らないものを補い合いながら形を作ることが持続可能な地域創りや6次産業化の成功につながると考えています。
ぐりーんぷらんが懸け橋となって仲間が集まり、思い描いていたことが形になっていく・・・。
そんな未来を目指しています。

 

商品開発プロジェクト

こんな商品を作ってみたい!!
今ある商品をもっといいものにしたい!!
形の悪い野菜を捨てるのではなくて有効活用したい!!

そんな想いの中から始まった商品開発プロジェクト。たくさんの人達の思いが形になりました。

Four Tango Brother~丹後4兄弟~(京都府・丹後地域)

京都府の最北端にある丹後地方で行ったプロジェクトでは、自然栽培をしている農家さん、イタリアンのシェフ、肥料作りの名人、ラーメン屋の大将、主婦などが集まり、いろいろなアイデアが商品になり、業種の垣根をこえたチームまでできました。

サンマルチアーノトマトを
使ったトマトソース
☆リコピンRich☆

自然栽培で育てられたサンマルチアーノトマトを100%使い、余計なものは一切入ってない無添加トマトソース

 

季節の食材を使った
ドレッシング
☆季の雫☆

自然栽培で育てられた季節の旬な食材を使い、体に優しい調味料で作ったドレッシング

 

丹後地方の旬をデザートに
☆aicrin☆

自然栽培で育てられた季節の旬な食材を使い、見た目にも色鮮やかで楽しめるデザート